小児歯科で用いられる治療法

###Site Name###

お子さんの歯の健康を守る「小児歯科」では、どういった治療法が用いられているのでしょうか。

もちろん、大人の歯の治療と同じく、虫歯治療や歯周病治療などを行いますが、お子さんの歯に固有の条件を改善するための治療法が数多く存在しています。

まずは「シーラント」です。

お子さんの歯、その奥歯のでこぼこは虫歯の温床となりやすいです。


そのため、小児歯科では奥歯の溝を徹底的にクリーニングし、その上に被せ物をすることで歯垢や汚れが付着しないようにします。

次に「フッ素塗布」です。

小児歯科で用いられるフッ素には、「歯の再石灰化を促す」「再石灰化に際して強い歯にする」「虫歯菌の活動を抑える」という3つのアプローチで虫歯の予防を行います。

最後に「ブラッシング指導」です。
大人の人もそうなのですが、本当の意味で「正しい歯磨き」というものが実践できている人は極めて少ないのです。お子さんであればなおさら、その歯磨きをしてあげる親御さんも同様です。



自宅での歯磨きは、最上級のデンタルケアでありながら、そのポテンシャルを十分に活かしきれていません。

エキサイトニュースに有効な情報の紹介です。

そこで、小児歯科ではお子さんと親御さんの両方に、そのお子さんに最適なブラッシングの方法を教えます。また、乳歯だから小児歯科に行かなくても良いと勘違いしている人も多いのですが、乳歯の虫バラ歯のトラブルは、その後に生えてくる永久歯にも悪影響となります。



乳歯であっても、歯に何らかのトラブルが生じたら、早めに治療を受けてください。